無料トライアルはこちら

FREE TRIAL 30日間 無料体験

全機能をご利用いただけます!

試してみる

Googleも採用!目標管理手法「OKR」とは?無料で試せるツール3選

投稿日:

現在の日本企業で主流である目標管理制度(MBO)が形骸化し、社員の目標マネジメントがうまくいかずに悩んでいる経営者や人事担当者が多くなっています。そこで、Googleが導入し成果をあげているOKRという目標管理の手法について解説していきます。

OKRについて基本的な知識を押さえておこう

「VUCAの時代」と呼ばれるように、時代の変化が速く企業間の競争が激しくなっている中で、どのように社員一人ひとりのモチベーションを高め、目標達成に向かって進んでいくことができるのかが、人事の課題としてあげられています。
このような状況下で、Intel社で運用が始まり、その後Google社でも導入され成果をあげているというOKRと呼ばれる目標管理のフレームワークが注目を集めています。

今回は、OKRの基本的な考え方や、実際にどのような流れでOKRを導入すれば良いのかについて解説します。

また、OKRを導入するにあたって無料で使えるツールにはどのようなものがあるかご紹介します。

OKRとは?

OKRとは、Objective and Key Resultの略称で、企業と個人が向かうべき方向性とやるべきことを明確にする目標管理のフレームワークのことです。Objectiveは目標、Key Resultは目標達成のカギになる成果(成果指標)という意味です。

OKRは企業・部門・個人それぞれに作成し、会社のOKRから個人のOKRまでをリンクさせてツリー構造で設定する点が大きな特徴です。

また、目標(Objective)の達成度は、目標に設定されたすべての成果指標(KeyResult)の平均値を集計し算出されます。

OKRのメリットとは?

  • 企業全体のビジョンと個人の活動を一致させることができる
  • 目標をオープンにすることで、社員間のコミュニケーションやコラボレーションが促進される
  • やるべきこと・やらないことを明確にし、優先度の高い目標に集中することができる
  • 野心的でチャレンジングな目標設定を行いやすい
  • 定期的に目標に対する進捗を振り返るため、環境の変化に対して柔軟に対応しやすい

OKRの具体的な進め方について

OKRはこれまで、外資系の企業で主に採用されてきた考え方ですが、そのメリットが広く知られるようになり、最近は日本企業でも導入が増えてきています。企業にOKRのフレームワークを導入するにあたって、どのように運用していけばよいのか、具体的な進め方についてご紹介します。

目標(Objective)を設定する

目標(Objective)は、できるだけ達成できるかどうかぎりぎりのストレッチした目標を設定しましょう。簡単に達成できる目標や、あまりにも達成が困難な目標はふさわしくありません。

また、達成することでワクワクする、動機づけに繋がる目標であることが重要となります。そのために、目標は定量的に設定する必要はありません。

そして、最後に目標には必ず達成までの期間を設けます。

成果指標(Key Result)を設定します

目標の設定ができたら、その目標に対して成果指標の設定を行います。成果指標は必ず定量的かつ測定可能な指標を設定します。設定する指標は普通に頑張れば達成率が70%程度になるような難易度になるように設定します。できるだけ限界ぎりぎりの数値にすることによって、成長が促進されていきます。

また、本当に集中すべきことに注力するため目標1つに対して、成果指標は通常1~3つ、最大でも4つまでに抑えるようにしましょう。

設定したOKRを全社で公開します

OKRはすべての従業員が設定を行い、それに向かって仕事を進めていきます。それぞれが設定したOKRは全社で公開し、いつでもだれもが見ることができる状態にしていくことが、望ましいとされています。会社としての方向性、部署の方向性、そして個人の方向性が一致し、自分の成果が会社のビジョンに貢献していくことが可視化されることで、社員のエンゲージメントを高める効果も期待できます。

定期的にコミュニケーションをとって進捗確認します

OKRでは、各部署や個人がそれぞれ有機的に連携することによって、はじめて大きな目標を達成することができるようになります。そのため、1on1ミーティングや週次・隔週でOKRの振り返りミーティングを行うなどして社員同士で密なコミュニケーションをとり、進捗を確認することが大切です。もし遅れやずれが生じている場合は、適宜修正を行っていくことで、素早く成果を出せるようになります。

成果を測定します

目標設定の期日が来れば、達成度合いを数値化し、達成度の確認を行います。これまでのMBOでは達成率=給与への反映となっていましたが、OKRの達成率と人事評価の結果は必ずしも一致しません。評価結果と連動させてしまうことで、野心的でストレッチの効いた目標設定をするというOKRの本来の目的を阻害してしまう要因になる可能性があるためです。振り返りでは70%程度の達成で十分に達成できたものとみなし、それよりも目標と結果のレビュー・検証で次のOKRに素早く反映させていくことが重要です。

OKRの例

実際にOKRを設定した例をご紹介します。

このように定性的で野心的な「目標(Objective)」に対して、その目標を達成したといえる定量的で測定可能な「成果指標(KeyResult)」を設定します。また、上位階層の主要な結果と下位階層の目標を紐付けて設定します。

 

無料で試せるOKRツール3選

OKRを企業で導入するうえでは、システムを活用することが効率的です。無料で使えるツールもあるため、自社にあった機能や求める内容の確認を行いましょう。

Weekdone

https://weekdone.com/resources/objectives-key-results
EUで2009年に設立された企業のサービスです。
3名までは無料で使用することができ、4名以上の場合は、1か月1人当たりの料金が人数に応じて変わる料金形態となっています。
週次での計画と報告のツール、四半期のOKR管理ツールが組み合わされています。
iOSやAndroidアプリを提供しており、スマートフォンから確認することもできます。

Zealup

https://business.zealup.jp/
30日間の無料トライアルがあり、教育機関の場合は無料で利用することができます。
組織目標と個人目標をリンクし、見える化や共有を行うことができるツールです。

HITO-Link パフォーマンス

https://www.hito-link.jp/performance/
30日間の無料トライアルがあり、1アカウントから利用できます。
組織や個人の目標進捗を、リアルタイムに更新してトラッキングすることができ、個人と組織目標の紐づけを、システム上で行うことができます。さらにKeyResultの平均値をObjectiveの進捗率として集計することも可能です。また、OKR以外にも、人材データベースや評価シートのサービスが利用可能です。

 

まとめ

多様な人材の活用やイノベーションの創出が企業課題として挙げられている中で、従来の目標管理制度(MBO)に代わる目標管理のフレームワークとしてOKRに注目が集まっています。組織としての目標と、個人の目標を明確にリンクさせることで、個人のパフォーマンスが向上し、組織としての高い成果を生み出すことができると期待されています。
また、より高いストレッチ目標を設定することで、戦略的な成長を見込むことができます。OKRの導入と運用にあたっては、それぞれのステップに沿って丁寧に実施していきましょう。

HITO-Linkパフォーマンス

Facebookページに「いいね!」を押すと、
組織づくりベースの最新コンテンツが受け取れます!